クリームパン

セブンのおしゃれクリームパン「ダブルクリームのブリオッシュ」食べてみた!

セブンイレブンのWクリープパン登場!

このページでは、セブンイレブンの「ダブルクリームのブリオッシュ」を食べてレビューしています。

セブンHPでもトップページで紹介されている力作

今回紹介するのは、セブンイレブンの「ダブルクリームのブリオッシュ」。ブリオッシュという名前を初めて聞きましたが、フランスのパンの一種で、バターやたまごをたくさん使った発酵パンの一種とのことです。2種のクリームを使ったブリオッシュ。記事がブリオッシュのクリームパンという解釈で間違いないと思います。

原材料を見ると、カスタードクリームとホイップクリームの2種のクリームが使われていることがわかります。

セブン「ダブルクリームのブリオッシュ」を食べる

ブリオッシュ生地にクランブルとグレーズを盛り付け

見た感じ、ただのクリームパンではありません。上になにかのっています。なまじっかのっているが故に、中には何も入ってないのではないかと判断してしまいかねない賑やかさです。

セブンのサイトによると、「ブリオッシュ生地にクランブルとグレーズを盛り付け」たとのことで、私の知識ではなんのことやらサッパリわかりません。「ブリオッシュ」はさっきのパンの種類のことで、「クランブル」は、小麦粉や砂糖、バターなどを混ぜた砕けやすい記事とのことで、上に振り返られていル白い粒状のものが「クランブル」と思われます。

「グレーズ」は料理にかける飴状のものを指し、今回の場合は砂糖の白い線状のものが「グレーズ」でしょう。「クランブル」も「グレーズ」も食感の違う砂糖という感じで、かなり存在感がありました。

カスタードとホイップのダブルクリーム

クリームはかなりたくさん入っています。カスタードとホイップのダブルクリームとのことで、確かに両方入っていますが、ホイップがかなりたくさん入っており、カスタードは少なめです。噛んだ途端に、ホイップが溢れ出すほどたくさん入っており、これはすごい。ホイップがだいぶクリーミーに感じたので、カスタードがホイップにだいぶ溶け出していしまっていたのかもしれません。

クリームがちょっとゆるくて食べ難いと感じたので、冷蔵庫で軽く冷やすとクリームが少し固まって食べやすくなるかもしれません。手をクリームでベタベタにして食べるのも悪くありませんが、ご時世も考えるとなるべくスマートに食べておきたいですよね。

甘くてリッチなクリームパン

大量のクリームとクランブルやグレーズによって、かなり甘い味に仕上がったクリームパンです。定価税込149円ですが、それ以上にリッチなクリームパンでしょう。最近コンビニパンはレベルが高い。次々と楽しい商品が登場するのも嬉しいですよね。

-クリームパン
-,

© 2020 オサーンドットコム!