ラーメン

東京出張最後のラーメンは羽田空港の「羽田大勝軒」

投稿日:2017年3月5日 更新日:

東京出張最後の悪あがきで羽田空港でもラーメン

短い出張の間で十分すぎるくらいたくさんラーメンを食べて堪能したのですが、それでも最後に羽田空港でもラーメンを食べたい!本当は「六厘舎」や「せたが屋」に行きたかったんですが、これらの店は国際線ターミナルにあってちょっと遠い。しかも「六厘舎」は国際線乗らない人には入れないエリアにあります。あんまり時間もないので国際線ターミナルは諦めて国内線ターミナルにあるお店の中から。

羽田空港で有名なラーメンと言えば「羽田ラーメン」ですが、こちらはすでに食べたことがあったので、今回は「羽田大勝軒」に伺うことに。

国内線第1ターミナルにある「羽田大勝軒」

東池袋のつけ麺の名店「東池袋 大勝軒」の流れを汲むお店。「業務提携店」とのことですが、大勝軒の支店的なお店なのでおかしなラーメンは出てこないだろうという判断。昼過ぎで本来ならピークが過ぎて落ち着いているはずの時間ですが、空港という特殊立地のためか、お客さんは結構たくさんいます。人気店っぽい雰囲気が出ているので期待できそうです。

「もり半熟煮玉子そば」を注文

大勝軒なので大枠では「もりそば」(つけ麺)と「ラーメン」から選べますが、今回注文したのはつけ麺の方で、「もり半熟煮玉子そば」。要するに普通のつけ麺に煮玉子が1個入ったやつですね。太麺なので茹で上がるまで時間がかかって待たされるかと思いましたが、案外あっさり出てきます。つけ麺は普通、「ひやもり」と「あつもり」を選べるのですが、この店ではそれは訊かれず、普通に「ひやもり」が出てきました。スープに麺投入するとぬるくなっちゃうので、本当は「あつもり」がいいんだけどな・・・。まぁしょうがないか。

つけだれとなるスープ。東池袋大勝軒のスープに比べるとなんだか薄い色。本家はもっと色が濃かった気がします。底の方にメンマが入っていますが、そんな多くはありませんでした。なんかこのスープを見て嫌な予感が・・・。

こちらは麺。大勝軒らしい太麺で、いかにもな多加水麺。麺についてはしっかり本家っぽい雰囲気が出ています。チャーシューと半熟玉子はスープではなく麺の上にのっています。

スープの見た目の印象通り、全体的に味が弱いです。薄いというのともちょっと違うのですが、魚介もとんこつも弱いんですよね。本家はもっとパンチのある味なんですが、こちら羽田大勝軒はサラッとあっさりな味でした。もっと何か特徴が欲しい。東池袋の味にある酸味みたいなものも今回のスープにはありませんでした。

そして何より致命的だったのが、スープがぬるいこと。ひやもりなので食べ進めていくうちにいずれぬるくはなってしまうのですが、ひとくちめからぬるいとは、ちょっと残念。「大勝軒」の看板背負っている店ですが、本家とはまったく別物のお店のようにすら感じられます。

良かった点をあげれば、チャーシューはおいしかったです。しっとりしたタイプのチャーシューで、肉厚なのも良し。それでいてやわらかい。スープに浸して食べるといっそうおいしいです。

「大勝軒」だと考えなければ空港の食事としてはそこそこのお店か

「大勝軒」の金看板を掲げているので期待してしまいますが、空港で食べられるつけ麺と考えるなら悪くはない選択なのかもしれません。実際、空港の飲食店はどこも料金が高く、その割にはなかなか満足いく料理は出てこない感じがします。この「羽田大勝軒」も今回の「もり半熟煮玉子そば」で1000円近くするので高いんですが、空港内でのコスパ的には悪くないのかもしれません。

「大勝軒」の雰囲気は味わえるので、それで良しとするかどうかで評価は分かれるところなのかなと思います。私は、今後は空港に着く前に食べたいものはしっかり食べようと意を強くしました。

-ラーメン
-,

Copyright© オサーンドットコム! , 2019 All Rights Reserved.