ラーメン

本店並のおいしさ「田中商店 ダイバーシティ東京プラザ店」東京とんこつの王道

投稿日:2017年3月3日 更新日:

「田中商店」の本店は都心から遠くて出張の身では厳しい

本当はどうしても行きたい「田中商店」。東京足立区にあるとんこつラーメンの名店「田中商店」は、個人的にはとんこつラーメンの雄だと思っています。住んでいた場所が近かったこともあり、環七沿いの梅島陸橋のところにお店があった時からよく通っていて、非常に思い入れの強い店です。しかし今は東京を離れ、たまに出張に東京に来ては利便性の高い都心に泊まっている身としては、なかなか仕事の空いた時間で足立区のしかも鉄道の最寄り駅がないところまで足を伸ばすのは難しいものがあります。

たまたまお台場界隈に行く用事があったので、そういえばお台場の商業施設のフードコート内に「田中商店」の支店があったことと思い出し、行ってみることにしました。でもフードコートなので、味に大きな期待はできない。名店と呼ばれる店のフードコートとかラーメン店の集合施設みたいなところで食べてガッカリしたことは何度もあります。そんな期待しないで食べてみて、おいしくなければ次からは行かなければいい。近くまで来たので軽い気持ちで食べてみようと思い立ちました。

ザ・フードコートの「田中商店」

行ってみると当然といえば当然なんですが、もう見たまんまフードコートの中にある「田中商店」。フードコートで本店と同じクオリティのラーメンを食べるのは基本的に無理だと考えているので、このお店の姿を見て正直意気消沈してしまいました。これは期待できない・・・。でも掲げてある金看板は今の場所に移転してからの田中商店そのもの。この看板を掲げておいしくないなんてこともないのではないか、意気消沈の中に多少の期待を胸に秘めていざ出陣。

注文したのは「ねぎらーめん」と「明太ごはん」

今回注文したのは「ねぎらーめん」と「明太ごはん」。本来ならラーメンには白ごはんというのが私の中でのルールなんですが、今回はフードコート内のラーメン店ということで、ラーメンがイマイチだった時の保険として、せめて「明太ごはん」という鉄板でおいしいものを注文しておくことにしました。もしラーメンおいしかったら明太子は先に食べちゃえば良いわけだし。本来なら「田中商店」と言えば「赤オニ」という挽肉を麻婆豆腐風に炒めた鉄板トッピングがあって、これがラーメンに入れるだけではなくご飯と合わせても美味というものなんですが、私はこの「赤オニ」のちょっと甘めな味がごはんとはあわないと思っていて、またラーメンに入れるのも、せっかくの田中商店の味を損ねているように感じているので(私の意見は限りなく少数派です)、「赤オニ」にはせず「明太子」をチョイスしました。

本店に引けを取らないおいしいラーメン

こちら「ねぎらーめん」。何という美しさ。まばゆい白さのスープの上に、大量にのる青ねぎ。ねぎにはやっぱり白いスープがよく似合う。そして田中商店をはじめとした「なんでんかんでん」系のラーメン店のひとつの特徴である「プリントのり」。これを見ただけであぁ田中商店に来たなぁと思わせるもの。桜色のチャーシューも見た目麗しい。これは本店のラーメンとほぼ同じ佇まいと言って良さそうです。

麺はバリカタで。気合い入れて写真を撮りすぎたのでやや伸びましたが、歯応えはしっかりキープできていました。

正直、食べる前の写真を撮っている時に感じていた、立ち上る湯気からの強烈なとんこつ臭で勝ちを確信していました。もっと言えば、カウンターにラーメンを取りに行った時点で、充満するとんこつ臭にもしや勝てるのではと感じていました。

いやはや、これは思い描いていた通りの「田中商店」の味そのもの。強烈なとんこつ臭に、重層的な豚脂ととんこつ由来の?コラーゲンの厚み。これ本店の味そのままじゃないですか。すげー。フードコートラーメンにはいつも裏切られてばかりなのに、まさかいちばん大好きなお店のラーメンがフードコートで期待に応えてくれるとは。出張では食べるのは無理だと諦めていた「田中商店」の味を、お台場で完璧な味として楽しめるなんて、感激で涙が出てきました。閑散としたフードコート内でひとりラーメンを啜りながら涙を流すおっさん。井之頭五郎に負けずとも劣らずの孤独のグルメぶりだったと、遠くで見ていたフードコートの客は後世に語っていたそうです。

当然スープまで完飲。底に大量に残るとんこつの骨粉。これぞ田中商店。いいやこれはもう田中焦点!ですらある。ここまで満足いくラーメンを食べられるとは、本当に幸せ。

こちらは「明太ごはん」。田中商店のスープはごはんとよくあうので、今回のスープのおいしさなら明太子はいらなかったです。ラーメンのトッピングとしても明太子は注文することはまずないのでラーメンに入れるという選択肢もなく、今回は明太子先にやっつけました。おいしかったですよ。

足立区の本店も良いけどお台場の「ダイバーシティ東京プラザ店」もおすすめ!

本店並のおいしさを十分に堪能できる「ダイバーシティ東京プラザ店」のラーメンでした。足立区の本店に行くよりお台場に行く方が負担がかからないならこのお店はおすすめです。私は平日の20時過ぎに伺いましたが、本店なら行列ができている時間でもこちらなら並ばずに食べられるかと思います。

ただ、つくばエクスプレスがあるので以前に比べると本店にも行きやすくなっているのは事実。秋葉原から一本で最寄り駅の「六町駅」まで行け、そこから歩いて15分程度でお店に辿り着けます。秋葉原から全部で30分ちょっとくらい。接続が悪くても1時間見れば余裕で行けるはずです。

今回はお台場で「田中商店」の味を堪能でき、あまりに感動したので、最後店員さんに「本店と同じくらいおいしかったです!」としっかりお礼を言ってきました。感動で涙目のおっさんを見て店員さんは何を思ったのでしょうか。案外、私みたいな人多かったりするかもしれませんね。

-ラーメン
-,

Copyright© オサーンドットコム! , 2019 All Rights Reserved.