丼もの 天丼

衝撃のマウンテン!!「そば処 三徳」の「エビ天丼」

投稿日:2017年7月4日 更新日:

ツイッターでおいしい天丼があると聞いてやって来ました

九州出張楽しかった。故郷であリ現住所でもあるのは札幌で、長く住んでいたのは東京で、でも初めて行った福岡の地は自分にとって桃源郷のようなところで、ずっといたかった。でもそれができない状況では、戻ってきた札幌で楽しいことを見つけるしかない!前を向こうではないか!

ということで、以前ツイッターでおいしい天丼があると教えてもらったお店へ伺うことにしました。やってきたのは札幌都心から少し西側に位置する琴似というところ。同じ札幌に住んでいても、東側に住んでいる私オサーンにとって都心より西側ってあんまり行くことがなくて、琴似というところも大きな繁華街があるのは知っていたのですが、何度かしか行ったことがありません。

蕎麦屋?バホソバドン丼ってなんだ?

前情報をほとんど持たず、iPhoneの地図を頼りにやって来たこのお店、かなりクラシック。「そば処」と書いているし、お店の佇まいからも蕎麦屋っぽいです。でもラーメンの文字も見える・・・

お店に貼ってあるメニュー。うどんにカレーにラーメンに定食・・・。うーむ。何でも屋さん?上と下で「天丼」が2箇所あるため、よほど大事なことのようにも見えるが・・・

「天ラーメン」?「バホソバドン丼」?「天ラーメン」は天そばのラーメンバージョンだとなんとなく想像できるが、「バホソバドン丼」???

もはや丼であることと何となくソバだから蕎麦だということしか想像できない・・・天丼食べにきた私オサーンだが、これはひょっとすると「バホソバドン丼」を食べなければいけないのではないか?

いやいや、ここはさすがに天丼食べときましょう。ただ、「バホソバドン丼」はいずれ絶対食べなきゃいけないメニューっぽいので、まだ店に入る前から継続調査する店と決定。

店内はほの暗く、床は油のせいかちょっと滑ります。これは油を使ってきた歴史を感じる滑り方。いやお店に歴史は感じるもののまったく不潔感とかないんですよ。昔ながらの蕎麦屋って感じです。混雑時を避けて昼をだいぶ過ぎた14時過ぎに訪れたので、先客はいませんでした。

注文するのは「天丼」と見せかけつつの「エビ天丼」!いかにも大衆的で、価格の安いメニューが並ぶ中で、敢えての「エビ天丼」1,100円!!何というブルジョワジー。そしてセレブリティー!!というのは置いておいて、なんかすごい見た目のエビ天丼をちょっとネットで見ちゃったんですよね。もうエビ天丼のことしか考えられなくなっていました。

それにしても豊富で安いメニューの数々。個人的には「バホソバドン丼」はもちろん気になりますが、実は「カツカレー」も非常に気になるところ。こういう店のカツカレーってすごくうまそうじゃないですか?

10分位待ってやって来た「エビ天丼」

注文して10分位でやってきました「エビ天丼」。うーむすごい盛りだ。これ丼が小さいわけではなく、結構でかいんですよ。なので当然エビもでかい。まさしく大エビと呼ぶに相応しいエビが4本と海苔の天ぷら。そして大量のごはんの構成です。味噌汁と漬物がついています。

すごい盛りなのは来る前からわかっていたことではあるんですが、実際目の当たりにするとあまりの迫力に気圧されてしまいます。

なにせ九州出張でとんこつラーメンを食べまくった影響で、お腹の調子がまったく元に戻ってませんからね。厳しい戦いが予想されます。

エビ天丼様に見下されるの図。なんでしょうこのマウンテン感。よく見ると、柔道着を着て腕を組んでこちら不敵に笑いながら見下ろすあの超人の姿に見えてきませんか。恐ろしい。

なんて妄想していると、後から来た客人の席に天丼が運ばれてきます。おいなんだそのロングホーンは!!エビ天丼すら我々から見れば最弱とでも言わんばかりのすごい天丼。うーむ。これは今後ワニ地獄や宇宙地獄も出てきかねない。ラスボスのバホソバドン丼の必殺技はやはり地獄の断頭台ということか。

とまぁ気が済むまで妄想したところで食べ始めます。ごはんの下まで染みたタレ。この濃くて甘いタレたまんないです。良い意味で下品な味。天丼はごま油の効いた上品な味のものも多いですが、私は濃くてガッツリしたいかにも(良い意味で)下品な天丼が好き。揚げた香りよりもタレ押しの天丼。この天丼は好みだなぁ。

大エビ4本というのも素晴らしくて、このお店の中では高級メニューではあっても、一般的に見えれば大エビ4本の天丼が1,100円というのはかなりリーズナブル。プリプリで肉厚な大エビはかなり食べ応えがあり、そして火の通りが抑えられていてジューシー。この店にはもっとディープなメニューがたくさんありそうだけど、今日のところはエビ天丼にして良かった。とてもおいしかったです。

九州帰りで胃の調子がイマイチだったものの、結構あっさり食べ切ってしまいました。恐るべしマウンテンだったけど、たぶんテリーマンより楽に勝てたと思う。

ここは継続調査が必要なお店ですね。「バホソバドン丼」、「カツカレー」、「天丼」は少なくとも食べてみたい。なかなか私には来る用事のない琴似という土地ですが、無理矢理にでも再訪したいと思います。

-丼もの, 天丼
-

Copyright© オサーンドットコム! , 2019 All Rights Reserved.