チャーハン

「餃子の王将」の「キムチ炒飯」と「豚カルビ炒飯」を食べる

投稿日:2016年11月29日 更新日:

餃子の王将にてチャーハンを2杯食らふ

先日、「餃子の王将」のプレミアムメニューである「極王炒飯」について書きましたが、「餃子の王将」には一般メニューでも多くの種類のチャーハンがあります。今回はそのうちの2つ、「キムチ炒飯」と「豚カルビ炒飯」について書いてみたいと思います。

ふらっと目についた「餃子の王将」に入り、何を頼もうか考えます。だいたいいつも何らかのチャーハンか焼そばを注文するわけですが、この日は自分の中でチャーハンのお腹だったらしく、もう「極王炒飯」を頼む気満々。でもチャーハンのお腹であると同時に極度の空腹でもあって、大盛のない「極王炒飯」だと量的に厳しい。そこで今回は「キムチ炒飯」と「餃子」でお茶を濁すことに。

まずは「キムチ炒飯」を大盛で!

なんという豪快な盛り!お玉で盛ってもはみ出るご飯!これぞ大盛!「キムチ炒飯」の大盛となります。白菜キムチにくっつているご飯が荒々しさを助長しています。

盛りも良いし、味付けも悪くないのですが、なんとも「餃子の王将」の炒飯は全般的に油分が足りなくてもっさりとしている。パラパラではないです。油を含んでしっとりしていることは他のお店のチャーハンではよくあり、それを狙ってやっている場合も多いのですが、このチャーハンはそういうしっとりではなくて、油分が少なくてご飯がぼそぼそしている感じ。もちろん餃子の王将の中でもお店によって、もしくは作る人によってもデキは全く違うんでしょうけど、このご飯の状態はいただけない。でも安さと量に負けてついつい注文しちゃうのが「餃子の王将」のチャーハンの魅力ですかね。

結構すごい量なのでこれ一杯でお腹いっぱいに。さらに餃子まで食べたのでなおのこと。でも味で満足していない。お腹は満足しても、目が食べたいとキョロキョロし、舌が食べたいとオオナズチのようになっています。あ、目がキョロキョロもオオナズチか。オレってオオナズチだったのね。

お次は「豚カルビ炒飯」を並盛で

やっちゃいましたよ馬鹿の大食い。チャーハン2杯目。何か追加するにしても他のもの食べればいいのにまたもやチャーハン。だってチャーハンで満足しなかった舌はチャーハンでしか満たせないじゃないですか!そんなわけで注文したのは「豚カルビ炒飯」。

こちらももちろん、「極王炒飯」のようにプッレーミアームな味がするわけではなく、基本的には「キムチ炒飯」と似たようなレベルです。でも、豚カルビに多量の油が含まれているため、「キムチ炒飯」に比べて多少ご飯に油分が絡んで食べやすくなっています。おそらく「極王炒飯」を除けばこの「豚カルビ炒飯」が「餃子の王将」では安牌なチャーハンではないかと思います。

食べすぎてまるでババコンガのようなお腹になって家に帰りましたとさ。

-チャーハン
-

Copyright© オサーンドットコム! , 2019 All Rights Reserved.