チャーハン

「餃子の王将」で「天津炒飯」は大アリな選択肢だ!

投稿日:2018年2月7日 更新日:

「餃子の王将」にはチャーハンのメニューはたくさんあるが・・・

安くてボリュームがあり、メニューの種類も豊富。そしてどれもそれなりにおいしい、困った時の定番の店「餃子の王将」。

私は王将に入るとチャーハンを食べることが多いんですが、餃子の王将のチャーハンは結構種類が豊富で、「炒飯」、「キムチ炒飯」、「豚カルビ炒飯」、そしてプレミアムメニューである「極王炒飯」。

味だけで考えれば「極王炒飯」の圧勝で、これだけは特Aクラスの勾玉を持つ、世界相手でも十分に戦えるレベル(オサーン基準)。しかしこの「極王炒飯」は量が少ない上に、「餃子の王将」としては価格がお高め。

そこで他のチャーハンに目を向けると、「炒飯」と「キムチ炒飯」はパンチ不足なんですよね。唯一、豚カルビから油分が出てこってり感があっておいしいのが「豚カルビ炒飯」(東日本のみ)なんですが、毎度こればかり食べるというのも芸がないです。

そこで今回は「天津炒飯」に目を向けてみたいと思います。というのも、「餃子の王将」のメニュー「天津飯」、特に甘酢だれ(東日本のみ)の天津飯はとてもおいしく、世の中にチャーハンという食べ物がなければもっと積極的に食べていたところです。で、「天津炒飯」というメニューがあることも知っていたのですが、どちらかと言うとこの一杯は見た目天津飯なんで、チャーハン欲求を満たすよりも天津飯欲求を満たす食べ物だと思っていました。でも今回、チャーハン欲求を満たすためにチャレンジしてみます。

「天津炒飯」見た目はそのまんま「天津飯」

やってきた天津飯(甘酢だれ)は、見た目は「天津飯」そのまんま。丸く形付けられていてきれいです。甘酢だれの色も鮮烈。この色鮮やかさが王将の天津飯の特徴ですよね。

上には「天津飯」同様、かにがのっています。もうこれが「天津炒飯」であることを忘れてしまう佇まいです。香りも完全に甘酢が支配しています。

中身はチャーハンだが甘酢に負けている

中身はもちろんチャーハン。ノーマルの「炒飯」のようですが、「炒飯」に比べると肉が少ないような。まぁ肉いらないんですけどね。チャーハンと甘酢の組み合わせ悪くありません。結構おいしいです。ただ、甘酢だとどうしてもチャーハンの味が負けてしまっていて、チャーハンメインで食べるなら甘酢ではなく他の味にした方が良いと思います。西日本はしょうゆだれのみのようです。

甘酢だとどうしても天津飯要素が強くなり、チャーハンを食べた気にはならなかったものの、これはこれでおいしいです。王将でのチャーハンローテーションに加えることに決定しました!今度はしおだれで食べてみようと思います。

ついでにジャストサイズメニューのエビマヨを

おいしいけどこれは白ごはんと食べたいですな。チャーハンと合わせるのは私には不向きでした。

-チャーハン
-

Copyright© オサーンドットコム! , 2019 All Rights Reserved.