食べ歩る記

「餃子の王将」プレミアムメニュー「極王天津飯」は価格に見合うクオリティー!

投稿日:2018年11月15日 更新日:

餃子の王将の誇る極王3兄弟の一角「極王天津飯」

「極王天津飯」を食べに天下一品へ

家の近所にあることもあり、日常的に食事を摂るのに利用している「餃子の王将」。今回は「餃子の王将」のプレミアムメニューである「極王」シリーズから、「極王天津飯」を食べてみます。

安くて量が多いことが武徳の「餃子の王将」にあって、量はほどほどで価格がちょっと高いのですが、チャーハンや焼そばでは、「極王」シリーズとノーマルメニューとの差は大きく、さすがプレミアムメニューだと思わせるものでした。「極王天津飯」にも当然ながら大きな期待を寄せています。

「極王天津飯」を食べてみた!

通常の天津飯とはまったく違うビジュアル

やってきた「極王天津飯」。もう使っている卵が明らかに違います。色が濃いです。銘柄卵なんて普段ほとんど食べることがないのでわかりませんが、これはおそらく何かしらの銘柄の卵ではないかと。黄色というよりオレンジです。

私の行ったお店では特に何も聞かれずに「甘酢だれ」の天津飯が出てきましたが、甘酢だれに具が混ざっています。食べてみると、甘酢の酸味は控えめで、卵や具の素材の良さを活かすことを考えているのでしょうか。味もちょっと高級感があります。

「極王天津飯」には具がたっぷり

あんかけに大ぶりのエビやアスパラ、キクラゲが入っています。通常の天津飯だとあんかけには何も入っておらず、卵にちょっと具が入っているだけなので、だいぶリッチです。エビはプリップリだし、アスパラはいっぱい入ってるし、価格以上にクオリティが高いです。どちらも原価高そうなので、いずれ違うものに変更されてしまいそうですけどね。

アスパラは、「極王炒飯」にも入っていました。アスパラが入っているだけで数段高級感が増しますよね。

ちょっと高くても「極王天津飯」は素晴らしい

中に入っているのは白ごはんです。通常の天津飯に比べるとちょっと少なそうですが、私はいつも天津飯大盛を頼んでしまうので、実際のところはよくわかりません。白ごはんではなくチャーハンが入っている「天津炒飯」というメニューもあります。

「餃子の王将」で「天津炒飯」は大アリな選択肢だ!

「餃子の王将」にはチャーハンのメニューはたくさんあるが・・・ 安くてボリュームがあり、メニューの種類も豊富。そしてどれもそれなりにおいしい、困った時の定番の店「餃子の王将」。 私は王将に入るとチャーハ ...

いやはや、満足いく天津飯でした。安いという餃子の王将の良さは消えてしまいますが、クオリティを考えるとむしろ安いくらい。アスパラがたくさん入っているのがうれしい天津飯でした。

(その後、リニューアルされてアスパラやエビはなくなってしまいました)

-食べ歩る記
-,

Copyright© オサーンドットコム! , 2019 All Rights Reserved.