チャーハン

ラーメン大将名物「肉チャーハン」を食べに「ラーメン大将 北18条店」へ!

投稿日:2018年3月1日 更新日:

「肉チャーハン」でお馴染みの「ラーメン大将」へ出撃

東京出張を終え、楽しすぎた旅が終わってしまった現実から目を背けるため、大好きなチャーハンを食べに行くことにしました。ホント年中食べてばっかりだな。食いしん坊と言えば赤城さんかオサーンさんかというくらい食べまくっていますが、残念ながらオサーンさんは赤城さんほどかわいくもかっこ良くもないので、ほっぺにごはん粒つけても目をハートにして見てくれている人などいません。残念。

そんなわけでやってきたのは「ラーメン大将 北18条店」。札幌市営地下鉄南北線の北18条駅から至近にあります。この日は生憎、東京出張が終わった現実を突きつけてくるかのような猛吹雪。食いしん坊は赤城さんだけど天候は吹雪さん。ただ春の訪れを予感させる大粒のぼたん雪なのが救い。そんなに寒くはありませんでした。

さて今回の「ラーメン大将」ですが、札幌ではかなり有名なお店です。というのも、「肉チャーハン」というメニューが量が多くそして独特だからです。今回私もこの「肉チャーハン」を食べにやってきました。大量のチャーハンの上に豚肉がのっかる一杯です。

今回はただでさえ量が多いと言われる「ラーメン大将」のメニューでも、敢えて大盛を注文してみました!敢えてとか言ってるけどいつも大盛じゃないかと自分でツッコミつつ。

量もボリュームも満腹感もすごい肉チャーハン(全部同じ意味)

ガラス張りで調理場が見える席に座り、若い店員が店主に何か怒られながら作ってくれた(なんか気まずい)肉チャーハン大盛が登場!スープ付き。肉チャーハン700円+大盛100円。

大食いの私でも「あーやっちゃったかなぁ」というすごい量。この写真ではちょっと伝わらないかもしれませんが、ラーメンどんぶりのような深めの更に守られたチャーハンは、迫力十分です。これはやっぱり赤城さんが大和さんと張り合いながら食べるやつだわ。

上にのっている豚肉の量も大迫力。生姜焼きのように味付けされた豚肉で、おそらくこれは作り置きしたものを温め直して上にのせている感じ。作ったばかりという臨場感はありませんが、すごい量です。量はすべてを凌駕するパワーがあるので、作り置きだろうがなんだろうがあまり関係ないです。

ラーメンどんぶりのような器で、底が深いです。そこにごはんがぎっしり入っているので、2合以上、3合近くごはんの量あるんじゃないですかね。日本在住のみんなが一日1回これ食べたら、おそらくコメの備蓄が尽きます。コメ農家の方々大喜びでトランプさんもニコニコで貿易問題まで大解決。国は肉チャーハンを国家プロジェクト級に大推進すべき。中華鍋でこんな大量のごはん振り回し続けたら、手首腱鞘炎になる調理人続出なので大変そうですが。

見た目そんなに濃くなさそうな色をしていますが、食べてみるとかなり強い味のチャーハンです。おいしいチャーハンの要素としていつも挙げている化学調味料たっぷりの味で、激しさは一線級。ごはん大量のためか、油分がごはんに行き渡ってない印象を受けましたが、それでもごはんはある程度ぱらぱらでおいしいです。

上に肉のってるんですが、ごはんの中にもきちんとダイス状のチャーシューがごろごろ入っており、チャーハン単体でも問題なく成立するレベルです。チャーハンの場合、量の多さもおいしさの重要な要素のように感じます。食べ進めても進めてもなくなっていかない喜び。これは間違いなくおいしさです。

後半戦、卓上に置かれている紅しょうがを加えました。化学調味料たっぷりのチャーハンには紅しょうがが本当によくあう!チャーハンに紅しょうが最初に添えた人は間違いなく天才ですよね。しょうゆラーメンにメンマ、とんこつラーメンにキクラゲ、そしてチャーハンに紅しょうが。世界3大発明です。

量の多さを懸念しましたが、おいしくてどんどん食べ進めらてしまい、あまり苦もなく食べ切ってしまいました。こりゃうまいわ通うわ買収しちゃうわ。最後のウソです。ただね、3合近いと思われるコメをお腹に入れたのは間違いなく、帰り道は非常に苦しい思いをしながら大雪の中歩きましたとさ。

-チャーハン
-,

Copyright© オサーンドットコム! , 2019 All Rights Reserved.