ラーメン 丼もの

札幌の新進気鋭のラーメン店「Mari iida」で「レアチャーシュー丼」

投稿日:2017年7月10日 更新日:

うちの近所に何やらオシャレなラーメン店があるらしい

札幌市の東端に近い位置に住んでいる私は、グルメ気取りで出かける時はたいがい地元から遠い店に行くことになります。あんまり周辺に話題になるようなお店がないんですよね。でもうちからそれほど遠くないところに、ラーメン店なのにオシャレな佇まいを醸し出しているお店があるとの噂を聞き行ってみることに。場所柄、あまり気取った店は流行らないんじゃないかと思いつつ、なくなってしまう前に行ってみようと思いました。

今回行くお店は、札幌白石区の北郷という住宅地にあるお店「Mari iida」。もう店名からしてラーメン店っぽくない。近所に「拳」というラーメン店があるのですが、まさに対極。まぁそれは関係ないですね。

お店に行く前に当然リサーチ。どうやら、札幌都心にあるフレンチ店「AKI NAGAO」というお店のグループ店らしい。フレンチとラーメンの融合を掲げているお店とのこと。北郷という住宅地の中にあるお店と考えれば、これはやはり心配になるコンセプト。大丈夫なんだろうか。でもテレビ等でも多く取り上げられていて、結構な繁盛店のようだ。

期間限定ラーメンを多く供しており、飽きさせないメニュー展開をしているお店のようです。そして「トリュフ」とか「オマール」とか、いかにもフレンチっぽい文字が並びます。メニューの中で最も気になったのが「レアチャーシュー」。最近ではラーメンでも低温調理された赤い肉のチャーシューが流行っていますが、こちらのお店でもその手のチャーシューを使っている模様。そして「レアチャーシュー丼」なるメニューまであるようで、俄然、ラーメンよりもレアチャーシュー丼が気になります。よしこれを食べに行こう。

来ました「Mari iida」

ここって以前は居酒屋じゃなかったかな。なるほど居酒屋の居抜きですね。当時とは違ってオシャレなお店になっています。この外観を見てなかなかラーメン店とは思わないですよね。

注文は食券制。「レアチャーシュー丼」は決定として、ラーメン店なんだからラーメン頼まないとね。「トリュフ」や「オマール」のラーメンも気になりますが、今回は基本メニューっぽい「濃厚魚介soba」にします。

まずはラーメン「濃厚魚介soba」から

まずはラーメン「濃厚魚介soba」から食べます。チャーシューが2枚のっていて、1枚はお店自慢のレアチャーシューの薄切り。もう1枚は厚手の火の通った豚バラチャーシュー。スープは見るからに濃厚なドロドロ粘度高い系です。こういうタイプのラーメン大好きなので、とてもおいしそう。フレンチのラーメン店ならもう少し盛り付けをきれいにする努力は必要かも。赤い肉頼りな感じ。

麺は自家製麺の低加水の中太麺。いかにも魚介とあいそうな麺ですね。

スープは粘度が高く、見た感じとんこつが強いのかなと思いましたが、これはとんこつだけではなさそう。案外とんこつ味は強くなく、おそらく鶏系のスープも混ざっているのかなと思います。個人的にはちょっと雑味として感じられてしまうため、とんこつ一辺倒の方が良いかな。ベースよりも魚介の味の方を強く感じ、魚介の香ばしさはかなり強め。ベースのドロドロこってり感と魚介の強さで、なかなか飲ませるスープになっています。

低加水麺とスープの相性も良く、良い組み合わせ。麺の小麦感が濃いスープの中でしっかり存在を主張しています。チャーシュー2枚は食べ応えがあります。今回のラーメンにはレアチャーシューよりも豚バラチャーシューの方があっていました。

個人的にはガツンととんこつを効かせてくれた方が好みでしたが、魚介の強いおいしい一杯でした。ただ、流行りのラーメンを追随した感は否めず、この店らしさというのはイマイチよくわからなかったです。今回のラーメンではフレンチの融合を掲げるこのお店の良さは発揮されにくいのかなと思います。次は「トリュフ」とか「オマール」のラーメンを食べないといけませんね。

本日のメイン「レアチャーシュー丼」

さてさていよいよ本日メインの「レアチャーシュー丼」。ラーメンに入っていたレアチャーシューと同じものですね。ラーメンを作っていた店主と思われる方とは別の方が、時間をかけて丁寧に盛り付けていました。チャーシュー丼を頼んだはずなのに、出てきたのはバラの花でした~。

低温熟成でこれでもかと赤い大量のチャーシューの上に、小ネギと白ごまがかかっています。きれいだなぁ。「丼」とは言っても大きめのお茶碗程度の大きさなので、これだけを食べに来ることは想定されておらず、あくまでラーメンと一緒に注文するメニューなのですが、それでもレアチャーシューが大量にのって350円は安いと思います!

チャーシュー自体の味は強くなく、肉の味を前面に押し出しています。それに少し甘めのしょうゆだれがかかっていますが、こちらも量はそれほど多くなく、チャーシューの肉の味を、小ねぎと白ごま、そしてチャーシューの下に隠れていた刻みのりで味わいます。いやー上品ですね。ラーメンで舌が慣れてしまってから食べちゃうとちょっと薄味と感じるかもしれませんが、それでも肉の味を一杯に楽しめるこの丼は秀逸。原価率が心配になってしまいますがずっと続けてもらいたいメニューです。

ラーメンはこれからどんどん進化していきそう&レアチャーシュー丼だけでも満足のお店

場所柄を考えると、こんなオシャレなお店(そしてラーメンとして少し値段がお高い)がやっていけるのかと心配になりましたが、どうやら大丈夫そう。ラーメンはどんどん進化していきそうだし、限定メニューがたくさんあって飽きさせない努力をしています。また、レアチャーシュー丼はこれだけでもお店に行く価値がありました。

この店は継続調査が必要ですね。次は「トリュフ」か「オマール」のラーメンを食べてみたいと思いますが、どんどん新メニューが追加されて、もっと食べてみたいものが出てきてしまうかもしれません。

-ラーメン, 丼もの
-,

Copyright© オサーンドットコム! , 2019 All Rights Reserved.