ラーメン

とんこつ臭に誘われて、札幌「ラーメン 八卦」アゲイン

投稿日:2018年8月15日 更新日:

とんこつラーメン不毛の札幌でとんこつ臭盛大のとんこつラーメンを出すお店「八卦」

今回は、以前1度訪れてこのブログでもレポしている、札幌新川にあるとんこつラーメン店「ラーメン 八卦」へ。いやホントうちから遠くて困ります。でもどうしても食べたくなったので、車でフラフラと1時間近くかけて来てしまいました。とんこつラーメン不毛の札幌にあって、とんこつ臭盛大の素晴らしいとんこつラーメンを供している数少なお店です。

前回レポした時は、撮った写真が手ブレ連発だったので、今回お訪れたのはその時のリベンジの意味もあります。そして、博多や東京への出張を通してとんこつラーメンレベルが少し上がった私オサーンが、改めてこのお店のとんこつラーメンを食べてどう思うのか、自分自身とても楽しみだったのもあります。

店主はあの「大砲ラーメン」で学生時代アルバイト経験のある久留米出身の方

店主は学生時代に「大砲ラーメン」でアルバイトしていた経験のある、久留米出身の方です。高校卒業後、北海道でラーメン修行をされたそうですが、お店のラーメンは当然久留米ラーメン。

久留米ラーメンと言えば大砲ラーメンでもおなじみの「呼び戻し」製法によるスープで、札幌で「呼び戻し」によるとんこつスープを供しているお店は、ここ「八卦」以外ないのではないでしょうか。いや、詳しいことはわからないですけどね。

そんなわけで今回注文するのは前回と同じく「久留米ラーメン(とんこつ)」。さぁ来い!激しいとんこつスープよ!!

チャーシューは減ったけどワンタンたっぷりの具だくさんラーメン!

さぁさぁやってきました!「久留米ラーメン(とんこつ)」。博多とんこつラーメンの白っぽいスープに比べると、ちょっと黄色味が強いです。同じ久留米ラーメンでも「大砲ラーメン」のスープは赤味が強かったですが、同じ久留米ラーメンでもいろいろあるんですね。

「大砲ラーメン」でも入っていた「カリカリ」。背脂からラードを精製した残りだそうです。まったりした脂感の中に感じる苦みがたまんないんですよね。

メインとなる具はチャーシューとワンタン。前回訪れた時からチャーシューは1枚減って2枚になってしまっていますが、代わりにワンタンが入り、具はパワーアップでしょうか。ワンタンの中にはチャーシューの切れ端が入っていて、餡より皮メインではあるもののしっかり肉感があります。

麺は博多とんこつに比べるとひとまわり太いストレート麺です。かんすいをあまり使っていないのがこだわりだそうです。博多に比べて麺が太めなのは久留米ラーメンの一つの特徴です。とんこつラーメンのお店なので替え玉ができますが、私オサーンは一貫して替え玉よりライス派です。ごはんお願いします。写真に写ってないですが、当然ごはんは一緒に頼んでいます。

店外にはとんこつ臭はせず、店内もほんのり香る程度でしたが、食べてみるとこの隠し様のないとんこつ臭、さすが呼び戻しスープといったところでしょうか。さすがに東京の「田中商店」や久留米の「大砲ラーメン」と比べてしまうとおとなしめではあるものの、かなり激しいとんこつ臭です。これが食べたかったんですよ!鼻に抜けるこのとんこつ臭は、札幌ではなかなか味わえないんです。とんこつラーメン激戦区でも十分やっていけそうなラーメンだと思っています。

スープを飲み干すと底には骨粉がたまっています。いかにとんこつが濃厚かがわかるかと思います。

前回訪れた後に本場の味にも触れてきましたが、それでもこの店の味は変わらずにとてもおいしく感じられました。本当おいしい。不幸にも私の住むところから遠いのでなかなか通えませんが、都心にあったらなんだかんだ理由つけて足繁く通うでしょうね。札幌では「博多一幸舎」の支店と並ぶ、本格とんこつを味わえる貴重なお店です。

-ラーメン
-,

Copyright© オサーンドットコム! , 2019 All Rights Reserved.